リハビリで脊柱管狭窄症は治る|諦めるのは後でいい

医者

効果的な治療方法として

女性

悪性リンパ腫の主な症状には腫れがあります。首の付け根が腫れます。症状が進行しているときには痛みを伴う場合もあります。また、その治療方法としては放射線療法と抗がん剤による治療があります。後者の場合、リツキサンという薬剤も投与されて相乗効果を高めることもできます。

ガン治療に免疫の力を

看護師

免疫は、体内に侵入した異物を攻撃し排除することによって、身体を健康な状態にしてくれます。その免疫の働きを高めて、ガンを治療しようとしたのがガン免疫療法です。この療法は、第4の治療法とも言われるほど注目され、メリットも多いことから期待される療法です。

膠原病に特化した医療機関

医者

リウマチ治療においては外科的なアプローチに加えて、最新の医療技術を駆使した薬物療法が欠かせません。その為、世田谷にある膠原病治療に特化した病院は多くのリウマチ患者から高い評価を得ている場所として知られています。

脊柱管が狭くなる痛み

カウンセリング

脊柱管狭窄症をご存知でしょうか。背骨に囲まれた筒状の空間のことを脊柱管といいます。そこが何らかの原因により背骨に押されて狭くなり神経が圧迫されて痛みが生じる症状です。背中や腰が痛いはずなのに足のももあたりが痛く感じることがあります。歩いていると痛みが出て、しばらく休むと痛みがなくなり、また歩き出すと痛みが出ることが特徴です。痛みが強くなると歩くこともできなくなり家に閉じこもる生活をする方も少なくありません。体の色々な場所が老化していくことで起こる症状で脊柱管も背骨も老化して脊柱管狭窄症になると言われています。若い頃に重労働をして腰を痛めてしまった方はこの症状が出る方が多いです。特に女性に多い病気と言われています。

脊柱管狭窄症の治療方法には、手術、痛み止め、リハビリなどがあります。手術をしないで痛み止めやリハビリで痛みを緩和している方も多いです。脊柱管狭窄症の痛みはとても強く痛み止めでは効かないこともありますのでブロック注射をする方もいます。注射をすると痛みが数日緩和されます。リハビリは、筋肉を動かしたり、血流を良くしたり、軽くストレッチをしますのでとても気持ちが良くリラックスできると言う点でも効果的です。整形外科にリハビリセンターや施設があるので利用してみましょう。また、自宅でもできる簡単なストレッチなどを指導してもらうと良いです。体を少し動かすことで症状が緩和することもありますし、気分を変えることで痛みを忘れることもあります。